ウィリアムモリスのシェードスタイル「ガーデン・チューリップ」

 

 

不断より、見慣れているモリスの生地のなかで、

最も簡素化されたデザインのように感じます。

その生地の名は「Garden Tulip・ガーデン チューリップ」。

もとは、壁紙のデザインのようです。

刺繍された花びらをよく見ると、テキスタイル用にデザインされた、

「Medway・メドウェイ」のようにも見えます。

何れも、1885年にウィリアムモリスがデザインした作品です。

プレーンシェードの上部にはストレートバランスを配し、質感を向上させています。

 

 

16モリス・ガーデンチューリップ1

 

 

16モリス・ガーデンチューリップ2

 

 

16モリス・ガーデンチューリップ3

 

 

16モリス・ガーデンチューリップ4